教育との出会い

日本で初めてのシュタイナー学校は

1986年

富士で始まりました。

心ある人に成長してほしい

そんなお気持ちの

お父さま、お母さまの

100%

純粋教育の場です。

命にかかわる

交通規則などの

ルールを守ることは

とても大切。

しかし考えること、

思うこと、感ずること、

話すこと、

作ること. . . 一人一人

違って良いと

思いま

す。

幼いころから本物に

触れさせる。たとえば

食事をするとき

プラスチックのお皿より

陶器のお皿の方が

おいしくいただけると

思います。

美しいものを

愛する気持ちがあれば、

自分の身

の回り、

道路、草花、

動物、山々、

見知らぬ人々にも

深い愛情をもって

接することが

できますね。

毎日が

芸術的な作業で

あったら. . .

子供の性格、その成長度

において

力強さ、やさしいさ、しずけさ

ほほえみ、あわれみ、

声をあげて笑う、

そんなものを助ける

だけで 素晴らしい能力の

持ち主になります。

7歳までの毎日は、

すべてが、

新しい経験です。

教育は、

教育を受ける期間

だけでなく

学校を卒業しても

その人の人生に

影響を与え続けるものです。

人間の一生を考えて

教育を受けましょう。

一時的なものではありません。

心からお子様の成長をかんがえて

毎日をすごしませんか?

教師 北川雅子

教育はあなたの一生涯にかかわる人間教育であるべきです。R. Steiner.

日本ではシュタイナー教育は幼児時代だけと思われがち。ところが一生を貫いて、シュタイナー教育はあなたのお子様に影響を与えます。

産まれる前からのこともだいじ、産まれてからも大事
その生きる術をシュタイナーは様々な場面で語っています。
それを伝えて行く日本には教師がいないのだとおもいます。私は、1986年に帰国して翌日から生徒を指導はじめました、こうやっていまも続いている事に感謝します。

幼児期が大事それは当然です、一生の土台を作る時ですから。私たちと一緒に生きてみませんか?様々な学びが見つかると思います。 教師 北川雅子